六員環構造水

六員環構造水とは、『非常に安定した分子構造を持つ水(六角水)』のこと。
つまり、「科学的に優れた水」のことを言います。

六員環構造水

水は、水を構成する分子H2Oが6個であるという規則に基づいてグループを作ることで[水]という液体になっており、その構造があたかもブドウの房のように見えることから、水の集団は「クラスター(房)」と呼ばれています。
この水を「六分子構造水」と言い、その中でも美しい星形をした超微細な水の集団(クラスター)だけで構成されているものを「六員環構造水」と言います。

雪解け水の秘密

自然界には「雪解け水」というものがあります。
この雪解け水はたんに温度が低いだけの水なのではなく、六員環構造の比率が高い水と言われています。
例えば、農作や畜産に雪解け水を使うと、植物性プランクトンの増殖率や緑色作物の収穫量の増大、鶏の産卵率の向上などがみられます。
これは、雪解け水など、六員環構造水の存在比率が高い水の生理活性能力が高いことに由来すると考えられています。
また、六分子構造水は飲用した際や皮膚につけた際の吸収率が優れていることから、浸透圧の点でも良い効果をもたらします。
雪解け水が「低温で水分子が六角構造になった水」であるということを知っていただければ、六員環構造水が科学的根拠に基づいて優れていることもご理解いただけるかと思います。

氷の結晶について。他メーカーのミネラルウォーターの氷の結晶と比較

形も大きさもバラバラで、体内に入っても、ほとんど吸収されることなく排出されます。

六員環構造水の氷の結晶は、美しい星形で大きさも超微細ですので、体内に吸収されやすいとされます。

この美しいクラスターを作っている六員環構造水は、飲むことで健康になり、さらにあらゆる病気を改善する力を秘めているということが最近の研究で分かってきました。
六員環構造水は、その大きさと形状の特性によって体内の細胞壁を自由自在に通り抜けることが出来る上、水の中で最も正確な情報伝達を行うため、飲み続けることで細胞が活性化します。
さらに、普通の水が体内の老廃物を排出するのに一日半もの時間を要するのに対し、六員環構造水はたった15分で老廃物の排出を行うことができるという脅威的な能力も持っています。
水分子6個が環状になって手をつないでいる時の構造は籠のようになっており、これは[水]が最も安定する状態であります。
この状態であることで、体内に入ってきた情報や物質を正確に掴めるということがさまざまな実験で実証されています。
普段使用している水は、クラスターが大きすぎたり小さすぎたり、大きさがバラバラなものがほとんどであるため、体内に取り込まれても十分に役割を果たせないというわけです。
しかしこの水の構造は、絶えず壊され、また作られるという離合集散を繰り返し、なんと一千億分の一秒というスピードで変化してしまいます。
そのため、この六員環構造を最も安定して保っておくには水という液体であるよりも、氷という個体である方が良いのです。
つまり、温度が低い水ほど、六員環構造のまま存在できる水分子を多く持っているということになります。

六員環構造水の製品化

プランクトンや植物の成長に六員環構造水が大きく影響するということは、おなじ生物である人間の飲料水も六員環構造を含んだ水の方が良いのではないか、ということが雪解け水のことから当然分かってきます。
また、六員環構造水の皮膚への浸透性が良いという性質から、この水の特性を利用した基礎化粧品などの製品化が始まっています。 当社では3つの濾過層工程を通し、ミクロフィルター処理、電解処理(ph7.4に調整)、回転、熱処理、超音波、赤外線照射処置など、計14工程で人工的に六員環構造水を作ることに成功しました。

奥丹波の湧き水

ベースになっている水は、六甲山をもっともっと山奥まで進んだ所にある、奥丹波の天内山を源流とする加古川や夢前川の湧き水です。
この湧き水がベースとなっている理由は、その付近の水のミネラルバランスが良いためです。
この水源を利用している住民の脳卒中の発症率が、他地域に比べて少ないことが大阪大学の橋本助教授によって報告されていることからも、ミネラルバランスが良いと判断できます。
水はタンク車で工場(兵庫県丹波市山南町村森751)まで運ばれ、そこで六員環構造処理を施されます。

六員環構造水の効能

今存在している水は、環境が良いとされている土地の水でさえ100~200種類の化学物質が溶け込んでいる、という実態があります。
このような水を飲料水として使用していると、水の中の化学物質が発する情報と体内の細胞とが共鳴し、好ましくない情報を体内の水として記憶してしまう可能性が高まります。
そして、一度悪い情報を記憶してしまった細胞は、体内に入ってきた化学物質と出会うたびに共鳴し、積極的に取り込むようになるとも言われているのです。
その結果、体質に異常をきたしたり、アレルギーが起こってしまう可能性も否定できません。
悪い情報を持つ水を長年使用することで、体内にある水のクラスターサイズはどんどん大きくなり、そのせいで体に良い物質情報も正確に取り込めなくなってしまいます。
そうなると血液がドロドロになり、様々な生活習慣病や血液循環障害の原因を誘発する可能性が高まってしまうのです。
この悪い水の情報を入れ替えることが出来るのが、六員環構造水なのです。
もともと体内には、健康な人で数十%、何らかの疾患を抱えている人でも数%の構造水を有していると言われています。
この六員環構造水を体外から積極的に取り入れることによって、体内の構造水存在比率を高めることが出来、より健康な体へと近づくことが出来るのです。
化学物質の影響や生活習慣の乱れなどが原因で大きくなってしまった体内のクラスターは、きっちりと細胞に記憶されています。
六員環構造水はこの大きなクラスターの周囲に取り付き、いわば潤滑油の役割を担うことでクラスターの動きをスムーズにしてくれます。
今まで記憶されていた悪い情報を六員環構造水が取り去ってくれ、老廃物や大きなクラスターは肝臓に運ばれ、ろ過され、小水として体外に排出されます。
六員環構造水を体内に取り入れることで、体内の構造水が入れ替わり、健康が促進されるのです。

飲用による効果

塗布による効能

その他の利用法

六員環構造水の効能

(1)源泉

奥丹波(兵庫県)の天内山源流とする加古川や夢前川。

(2)製造 六員環構造水

  • ・採水地にて『沈殿ろ過』3つの濾過槽を通る ・ミクロフィルター
  • ・電解処理(PH7.4へ調整)
  • ・回転
  • ・熱処理
  • ・超音波
  • ・赤外線照射
  • ・鉱物層ろ過
  • ・ミクロフィルター
  • ・その他6工程

(3)用途別二次加工

医療用、飲料用、化粧品等、用途分野別に加工

(4)出荷

六員環構造水の保存を重視しており重鎮後2週間以内で出荷、お客様には出荷後3ヶ月以内でご使用頂くようお願いしております。

成分表(丹波源泉六員環構造水1リットルあたり)

『美肌のための基礎講座』
『美肌のための応用講座』